不動産売却で用いる広告の種類とは?費用負担も解説!

2023-02-09

不動産売却で用いる広告の種類とは?費用負担も解説!

不動産の売却活動において、広告は重要な要素のひとつです。
しかし、一口に広告と言っても、どのような手段があるのかわからない方も多いのではないでしょうか。
今回は、不動産売却の広告について、種類や費用負担を解説します。
不動産の売却を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における広告の種類とは

不動産売却時に用いる広告の種類は、折込チラシや新聞、インターネット広告、レインズへの登録、現地看板などです。
従来の売却活動では、折込チラシや新聞が主流でしたが、近年ではより多くの購入希望者の目に留まるよう、インターネット広告を利用するケースが増えつつあります。
ただし、高い年齢層になると紙の媒体で情報を探す方が多く、インターネットは比較的若い年齢層へ情報を伝えやすいというように、おもな使用者の年齢層が異なる点は理解しておきましょう。
購入者のターゲットに応じて、媒体を選ぶ必要があります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の広告にかかる費用は誰が負担するのか

不動産売却の広告費用は、基本的に売主が仲介を依頼した不動産会社が支払い、売主が負担することはほとんどありません。
そのほかの販売活動費や査定費用も同様です。
これは法律上決められており、不動産会社から売主に広告費を請求するのは宅建業法により禁じられています。
不動産会社は仲介手数料の成約により仲介手数料を受領しますが、仲介手数料には広告費や担当者の交通費、査定時の調査費用などがすべて含まれています。
つまり、とくに売却に必要な費用のなかに広告費用は含まれません。
不動産会社によって、広告の手段やサービスが異なるので、会社選びも大切なポイントと言えます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の広告費用が売主負担になるケースとは

通常、広告費用は不動産会社が負担しますが、特別に依頼した広告を使用する場合は例外です。
通常の売却活動では実施しない方法で宣伝することを売主が希望した際、発生した実費は不動産会社が売主へ請求できます。
しかし、不動産会社が広告活動を実施したあとに広告費を請求し、それを売主が承諾すると、そのまま費用を受け取られてしまうことがあるので注意しましょう。
例外的に発生した費用や一般的な金額をはるかに超えた高額な広告費用とみなされると、たとえ事後請求でも宅建業法違反にはならない可能性があるのです。
なお、契約期間中に途中解除した場合、それまでにかかった広告費用を請求されるケースもあります。

不動産売却の広告費用が売主負担になるケースとは

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却で用いる広告の種類や費用負担について解説しました。
広告の種類には、チラシや新聞の紙媒体やインターネット広告があり、ターゲットに合わせて選ばなければなりません。
広告費用は基本的に不動産会社が負担しますが、例外的に売主が負担するケースもあります。
私たち「株式会社東宝コーポレーション」は群馬県高崎市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、無料で不動産査定依頼を受け付けていますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

027-388-0742

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

売却査定

お問い合わせ