住宅と同じとは限らない?工場が売れやすい条件をご紹介

2022-12-06

住宅と同じとは限らない?工場が売れやすい条件をご紹介

事業縮小などで工場が不要になる場合は、売却したほうが維持管理の負担がなくなります。
住宅とは売れやすい条件が同じとは限らないため、事前に確認しておくことで安心して売却活動ができるでしょう。
そこで今回は、工場が売れやすい条件を立地・建物別にそれぞれご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

活用範囲やアクセスがカギ!売れやすい工場の立地条件

売れやすい工場の立地条件として、主に3つご紹介します。
1つ目は、準工業地域、工業地域、工業専用地域の工業系の用途地域にあることです。
上記の用途地域内は基本的に制限なく工場が建設できるため、さまざまな業種の方に向けて売却できるでしょう。
2つ目は前面道路の幅員が広いことで、これは工場では大型車両の出入りが多く、幅員が広いことで利便性が上がるからです。
3つ目は高速道路のICに近いことで、工場では車両による移動が多いことから、移動のしやすさも重要視されます。
また住宅とは違い、駅近であることが必ずしも売れやすい条件ではありません。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

シンプルな造りが良い?売れやすい工場の建物の条件

次に売れやすい工場の建物の条件として、2つご紹介します。
1つ目は、平屋でシンプルな造りの工場です。
平屋であれば車庫や倉庫などの工場以外での活用方法もあり、仕切りが少ないシンプルな造りであれば撤去をする手間がなくなります。
2つ目は、建築確認検査済証が交付されていることです。
建築確認は建物が建築基準法に則って建築されるのかを確認するもので、建築確認検査済証があることは工場が問題なく使用できることの証明になるのです。
また売却するときには、登記識別情報通知書や登記事項証明書が必要になるので準備しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

機械などの大型設備があると売れやすい工場の条件に反する?

工場を売却するときには注意点があり、それは大型機械などの設備が残っていると売却しにくい可能性があることです。
これは用途が限定されることで、買い手が狭まってしまうからです。
また、プログラミングの知識が必要な専門性の高さが求められる機械も同様に売却しにくくなります。
そのため工場内に機械が残っている場合は、事前に売却や破棄することも1つの方法です。
事業として使用した機械は産業廃棄物になるため、処分場に持ち運ぶ必要があることや費用がかかる点は押さえておきましょう。

機械などの大型設備があると売れやすい工場の条件に反する?

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

工場が売れやすい条件としては、活用範囲が広いことや大型車両の出入りのしやすさなどが重要視されます。
工場内に設備が残っていることで売却できない可能性もあるので、不要であれば売却や破棄を検討しましょう。
私たち「株式会社東宝コーポレーション」は群馬県高崎市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、無料で不動産査定依頼を受け付けていますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

027-388-0742

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

売却査定

お問い合わせ