転勤した際のマイホームは売却・賃貸が良い?単身赴任の場合の選択肢もご紹介

2022-12-02

転勤した際のマイホームは売却・賃貸が良い?単身赴任の場合の選択肢もご紹介

家族や自身で暮らすために購入したマイホーム。
転勤が決まってしまった場合、どのようにするか困りますよね。
そこで、今回はマイホームを持っているのに転勤が決まったときの選択肢についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

転勤をした際のマイホームの選択肢「売却」とは?

転勤をした際の、第一の選択肢は売却です。
特にいつ戻ってこれるか分からない転勤の場合は、固定資産税も発生するため売却がおすすめです。
売却をする際のメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

売却することで、維持にかかる諸費用の負担がなくなります。
また、売却益も発生するので、転居費用や新居の購入費用に充てられます。

デメリット

デメリットとしては、ローン残高がある場合ローン返済が大変なことです。
通常、売却益をローンの返済に充てることが多くなっています。
万が一売却益が足りない場合、他で資金作りをする必要があるため大変です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

転勤をした際のマイホームの選択肢「賃貸」とは?

賃貸とは、自分以外の誰かにマイホームを貸すことです。
賃貸にすることで、自分がいない間でも賃貸料が発生するため、諸費用に充てられます。
賃貸にする場合は以下のことは注意してください。

種類

賃貸をする場合、種類を覚えておくことが大切です。
普通借家契約とは、入居者が希望している限り自分たちが家に戻ることができません。
定期借家契約とは、契約期間の限りがあるため、一定の期間のみの入居です。
そのため、賃貸として出す場合には定期借家契約で貸し出すのが良いでしょう。

メリット

メリットとしては、収入が得られるため費用の負担が減ることです。
住んでいなくても固定資産税が発生するため、その場合入居者がいる賃貸の方がお得です。
また、入居者がいるため清掃がおこわれるため、劣化防止も期待できます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

転勤した際のマイホームの選択肢「単身赴任」とは?

マイホームを売りたくない場合、単身赴任することもあります。
単身赴任とは、家族をマイホームに残し自分だけ転勤先で住居を借りる方法です。
メリットとデメリットは以下のとおりです。

メリット

家族の環境を変えずに済むのは、とても大きいメリットです。
特に学校に通っている子どもは、友だち関係が変わらないのも大きな利点です。

デメリット

家賃補助がない場合だと、家賃の支払いが二重になってしまいます。
そのため、他の選択肢に比べると費用の負担が一番大きい方法になっています。

転勤した際のマイホームの選択肢「単身赴任」とは?

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

転勤をした際は、自分に合った選択肢を選ぶ必要があります。
もし悩んでいる場合は、ぜひ弊社までお問い合わせください。
私たち「株式会社東宝コーポレーション」は群馬県高崎市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、無料で不動産査定依頼を受け付けていますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

027-388-0742

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

売却査定

お問い合わせ