事故物件は相続すべき?かかる税金と判断基準をご紹介

2022-11-22

事故物件は相続すべき?かかる税金と判断基準をご紹介

事故物件とは、病死や自殺などが起きた住宅のことです。
このような物件を相続する可能性がある方は、相続によるデメリットばかり思い浮かべてしまうかもしれません。
そこで、この記事では事故物件を相続することについて解説するため、群馬県高崎市で事故物件の相続予定がある方はぜひ最後まで読んでくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

事故物件を相続すると相続税が発生する!

事故物件とは、上記で述べたように病死や変死などの心理的瑕疵を与える物件のことです。
マイナスなイメージが強いですが、通常と同様に相続税が発生します。
また、事故物件の相続税評価は、一般的な不動産よりも下がる傾向があります。
事故があった部屋は、購入希望者が寄り付きにくいため、周辺と比べて利用価値が低いことが多いです。
この場合の相続税評価は「利用価値が下がっている面積部分の評価額×10%」を差し引いて算出します。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

事故物件の相続における判断基準とは?

事故物件を相続する予定があっても「相続すべきなのか」と迷われているかもしれません。
相続における判断基準ですが、まず相続するとプラスになる場合は、需要が高く土地活用できそうなケースです。
一般的に、人気のエリアに立地していて、かつ敷地が広い場合は、土地活用に向いています。
また、郊外でもロードサイドに立地している場合は、コンビニエンスストアなどの事業系で活用できるので、相続する価値はあります。
反対に、相続するとマイナスになる場合は、需要が低く相続財産を売却しないと相続税の支払いが困難になるケースです。
税金の負担が大きくなってしまうため、相続破棄したほうが将来的に楽になります。
このような判断基準を参考にして、事故物件を相続するか決めましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

事故物件を相続することによる将来的なデメリット

事故物件を相続すると、将来的に空家リスクが生じるデメリットがあります。
たとえば、賃貸物件として経営した場合、事故が起きた部屋だけ入居者がいないリスクが考えられるのです。
空き家の状態が続くと、家賃収入がなくなります。
将来的なことを考えて、デメリットのほうが大きいと判断した場合は、不動産会社への売却を検討してみましょう。
不動産会社へ売却することで、相続人の売却における負担を軽減することが可能です。
また、契約不適合責任が免責される場合もあり、引き渡し後の責任がなくなります。
しかし、個人間での取引よりも売却価格は下がります。
売却価格におけるデメリットがありながらも、事故物件を所有するリスクから解放されるメリットがあるので、ぜひ不動産会社への売却を検討してみてください。

事故物件を相続することによる将来的なデメリット

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

事故物件を相続する際も相続税が課税されるため、慎重に判断することが大切です。
また、弊社でも事故物件の売却における相談を受け付けているので、ぜひお声がけくださいね。
私たち「株式会社東宝コーポレーション」は群馬県高崎市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、無料で不動産査定依頼を受け付けていますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

027-388-0742

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

売却査定

お問い合わせ