土地の名義変更をおこなうタイミングとは?自分でおこなう際の注意点もご紹介

2022-06-30

土地の名義変更をおこなうタイミングとは?自分でおこなう際の注意点もご紹介

土地の名義変更は、土地の所有者が変わった場合に必要になってきます。
名義変更をおこなわないで放置しておくと、その後トラブルに発展しかねません。
そこで、土地の売却をご検討中の方に、土地の名義変更をおこなうタイミングや、自分でおこなうことは可能なのか、注意点も併せてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

土地の名義変更をおこなうタイミングとは?

土地の名義変更が必要なタイミングはおもに下記のように4つあります。

  • 売買
  • 相続
  • 贈与
  • 財産分与

土地の売買、被相続人から土地を相続した場合、贈与をしてもらった際、離婚などで財産分与する際に名義変更が必要になってきます。
多くの場合は、不動産会社を通して司法書士に依頼するのが一般的です。
また、どちらかが主体的に動くことでスムーズにおこなうことができます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地の名義変更は自分でおこなうことは可能?

上記でも触れたように、一般的には司法書士に依頼するケースが多いですが、自分で名義変更をすることはできるのでしょうか。
結論から申しますと、自分だけでおこなうことは可能です。
ただし、時間と手間がかかるため注意が必要です。
自分で土地の名義変更をどのような流れでおこなうのか確認しておきましょう。

  • 法務局で申請書類を貰う
  • 住民票や印鑑証明書など書類を準備する
  • 申請書を作成・捺印する
  • 法務局へ申請する
  • 登記完了証が発行される

上記の流れで進めると、完了までには早くても1か月程度かかります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地の名義変更をおこなう際の注意点

最後に、土地の名義変更をおこなう際の注意点を確認しておきましょう。

親から子への名義変更は贈与税が発生する

親から子へ名義変更をおこなった場合は、贈与とみなされるために贈与税がかかります。
贈与税はほかの税金と比べてもとくに高い税金のため注意が必要です。

コスト削減のために自分でおこなうのは要注意

上記で、自分で名義変更をおこなう流れをご説明してきましたが、司法書士への報酬を削減するために自分でおこなうのは、あまりおすすめしません。
土地名義変更をおこなう場面は、相続や財産分与などトラブルになりやすいケースが多いからです。
また、手続きが順調に進んでいても、法務局に3~4回は出向くことになり、書類の不備があると再度提出も必要になります。
時間と手間を要するため、トラブルなくスムーズに進めるには、専門の司法書士に依頼したほうが安心と言えます。

土地の名義変更をおこなう際の注意点

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

土地の名義変更をするタイミングと自分でおこなう場合の流れ、注意点をご紹介してきました。
土地の名義変更は自分でおこなうことも可能ですが、トラブルなくスムーズにおこなうためにも、司法書士に依頼することをおすすめします。
私たち「株式会社東宝コーポレーション」は群馬県高崎市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、無料で不動産査定依頼を受け付けていますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

027-388-0742

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

売却査定

お問い合わせ