住みながらでも不動産は売却できる?方法やメリットをご紹介!

2022-02-23

住みながらでも不動産は売却できる?方法やメリットをご紹介!

住み替えなどをおこなう場合、売却で得たお金を資金として新居を購入するケースは少なくありません。
そのため住みながら不動産売却ができないか、と考える方も多いでしょう。
住みながら売却ができれば、引っ越しなどの手間や費用は最小限に抑えられます。
そこで住みながらでも売却できるのか、その方法やメリット・デメリットについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

住みながらでも不動産売却する方法はある?

不動産売却は、必ずしも退去後におこなわなければならないわけではありません。
住みながらであっても、売却自体は可能です。
売却する際は、媒介契約の締結後、売却活動をおこない、売買契約の締結、不動産の引き渡しという流れで進んでいきます。
住みながらの売却だからといって、変わった方法で売却するわけではありません。
ただし、売却活動のなかで内覧希望があれば、立ち会ったり留守にしなければならない点には注意が必要です。
またいつ内覧が入っても良いように、常に部屋をきれいな状態で保たなければなりません。
さらに購入希望者との交渉が成立し、売買契約締結後は引き渡しまでの期間に引っ越しする必要があります。
売却活動とあわせて、新居探しを始めておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産売却をおこなうメリットは?

住みながら不動産売却をおこなう場合のメリットは、費用負担を減らせるということです。
住みながら不動産売却をおこなうことで、売却で得たお金を資金に新居を購入できます。
住宅ローンを返済中であれば、売却金をローン返済に充てることで住宅ローンがダブルで発生するといった事態は避けられるでしょう。
また、住みながらの売却は仮住まい先を確保する費用がかかりません。
しかし、空き家の状態で売却する場合に比べて、売却しづらいというデメリットもあります。
生活感が出すぎてしまうと売却が遠のくと言われているため、あまり生活感を出しすぎないという工夫が必要です。
さらに、内覧に合わせて予定変更しなければならないこともでてきます。
内覧は急に入ることが多く、売却活動中は掃除や立ち会いなどで予定が組みにくくなることも覚悟しておきましょう。

住みながら不動産売却をおこなうメリットは?

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

住みながらであっても、不動産売却は可能です。
とくに変わった方法で売却するわけではなく、一般的な不動産売却と流れは変わりません。
住みながらの売却には、費用面でのメリットがあります。
しかし、内覧時の立ち会いや掃除などの手間がかかることは頭にいれておきましょう。
私たち「株式会社東宝コーポレーション」は群馬県高崎市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、無料で不動産査定依頼を受け付けていますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

027-388-0742

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

売却査定

お問い合わせ