不動産売却が長引く原因とは?長引かないための対処法をご紹介!

2022-02-15

不動産売却が長引く原因とは?長引かないための対処法をご紹介!

不動産売却を早く終わらせたい。
そう考えていらっしゃる方が多いと思います。
しかし不動産売却が意図せず長引いてしまうこともしばしば。
不動産売却が長引く原因はさまざまあります。
今回は不動産売却が長引いてしまう原因やその対処法をご紹介します。
群馬県高崎市で不動産の売却を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が長引く原因とは

最初に不動産売却が長引く原因を3つご紹介します。

原因1 不動産売却する時期が悪い

はじめに考えられる売却が長引く原因として、売却の時期が挙げられます。
不動産売却は通年おこなうことが可能ですが、不動産の売買が活発な時期とそうでない時期とでは売却にかかる期間に差ができます。
一般的に進学や転勤などで不動産の売買が活発になる春や秋は、不動産売却をおこないやすいです。
それ以外だとなかなか買い手が見つからないことも珍しくありません。

原因2 物件があるエリアが不人気

不動産売却には不動産の周辺エリアも大きく影響します。
都会や駅前のエリアにある不動産は人気がありすぐに買い手が見つかることが多いです。
しかし、田舎で周辺に商業施設もないエリアでは購入希望者が少なく、不動産売却が長引いてしまいがちです。

原因3 不動産売却金額が高すぎる

相場に比べて売却金額が高い場合も長引く原因となります。
同じような物件が周囲にある場合、その物件よりも低い金額設定をしておけばすんなりと売却ができるかもしれません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を長引かせないようにする対処法

続いて不動産売却を長引かせないようにするための対処法をご紹介します。

対処法1 適正価格で売り出す

まずは不動産を適正な価格で売却できるように、相場を知っておきましょう。
不動産会社であらかじめ査定をおこない、客観的に考えて適切だと思う金額で売却をおこないましょう。

対処法2 不動産の管理をおこなう

不動産が汚れていたり、不具合があると不動産売却が長引いてしまいます。
内見に来られた方の目に魅力的に映るように、最低限の掃除や修繕をしておくことをおすすめします。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

長引かせたくない方必見!不動産売却の期間とは

最後に不動産売却にかかる期間をご紹介します。
不動産の査定におおよそ1か月、売却活動に1~2か月、契約を締結して実際に引き渡すまで1~2か月ほどの期間が必要になります。
通常の不動産売却は3~6か月程度の期間がかかるという心構えをしておいてください。
しかし先ほどお伝えした原因で長引いてしまうと1年以上かかることもあるので、なるべく早く売却ができるように準備をしておくことが大切です。

長引かせたくない方必見!不動産売却の期間とは

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は不動産売却が長引く原因やその対処法をご紹介しました。
私たち「株式会社東宝コーポレーション」は群馬県高崎市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、無料で不動産査定依頼を受け付けていますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

027-388-0742

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

売却査定

お問い合わせ