不動産がなかなか売れない原因とは?売れないときの改善策を解説!

2022-01-24

不動産がなかなか売れない原因とは?売れないときの改善策を解説!

不動産の売却活動をしている方は、売れなかったらどうしようと不安になったことがあるでしょう。
不動産がなかなか売れないときには原因があります。
この記事では不動産が売れない原因と改善策を解説いたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない原因とは?

売り出し価格が高すぎるから
不動産の売り出し価格は周辺相場、物件の状態と売主の売却希望金額などを考慮して決めます。
売り出し価格はあくまで売りたい価格であり、必ずしもその価格で売れるわけではありません。
誰もができるだけ高く売りたいと思うはずですが、物件の価値に対してあまりに高い価格で売り出してもなかなか購入希望者は見つかりません。
売り出す時期を間違えているから
不動産取引には繁忙期と閑散期があるといわれています。
新年度を控えた1月~3月は多くの不動産取引がおこなわれ、お盆や年末年始は少ない傾向があります。
計画を立てずになんとなく売りに出してみようと売却活動を開始していたとしたら、売り出し時期に原因があるかもしれません。
物件の良さを十分に伝えられていないから
不動産の売却は買い手がいて初めて成立するものです。
物件の魅力が伝わらなければ購入してもらえません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産がなかなか売れないときの知っておきたい改善策とは?

売り出し価格を下げる
周辺物件の成約価格を調査し、適正な価格へ値下げをすることが不動産を売るためのポイントとなります。
どのくらい値下げをするかは不動産会社としっかり相談して決めましょう。
繁忙期に合わせて売り出しを開始する
転勤で引っ越し時期が決まっているなどの事情がなければ、売り出し時期を見直すのも良いでしょう。
新年度を迎える4月に向けた1月~3月は不動産取引が活発におこなわれる時期なので、この時期に合わせて柔軟に売却活動をする必要があります。
物件の見せ方を工夫する
水回りや内装などの汚れが目立つと部屋全体の印象を悪くします。
もしもそのような状態ならば、清掃業者に依頼して水回りのハウスクリーニングをしてみたり、リフォーム会社に依頼してクロスの張替などをしてみても良いでしょう。

不動産がなかなか売れないときの知っておきたい改善策とは?

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産を売りに出しているけれどなかなか売れないという人は、この機会に原因がどこにあるのか見直してみてはいかがでしょうか。
不動産の売却活動は状況に合わせて柔軟に対応していくことも大切です。
ただなんとなく売りに出しているだけではいつまでたっても売れません。
不動産会社としっかり相談をし、必要な判断をしながら売却を進めていきましょう。
私たち「株式会社東宝コーポレーション」は群馬県高崎市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、無料で不動産査定依頼を受け付けていますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

027-388-0742

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

売却査定

お問い合わせ